Hello World
feat. レインボー☆ラクダ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
さよならジャパン、さよならアンティグア。
【写真:さよならジャパン】
narita
成田空港を出発し、飛行機やバスを乗り継ぎ乗り継ぎ....
30時間(疲)掛けてたどり着いたグアテマラの都市アンティグア。

日本からネットで調べた限り、この都市が最もスペイン語を安く&効率的に学べると思ってやってきた。
だけどなんでだろ…
ガイドブックによると「コロニアルの街並みと、その廃墟が残るかつての首都」とか「ユネスコ世界遺産に登録」とか書かれているが、いまいちピンと来ない。
なんとなく、ワクワク感に欠ける街だった。

【写真:十字架の丘から見た古都アンティグア】
DSC01011.jpg

【写真:古い修道院?】
DSC01004.jpg


そして何より日本人の多さにも驚いてしまった。
ネットで調べてすぐに出るし、ガイドブックでも語学学校情報が出ている為、
多くの日本人がここアンティグアを選ぶのは考えてみれば当然か。
数ある学校の中でも、有名どころでは9割以上が日本人だとか…。

でも僕、心細い海外で、日本人とつるむの…好き。はぁと

ぬぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!!!!!!!!!


いかんいかん!!

この街に根を下ろしてしまう前に、
未練が残ってしまう前に、

今回は日本語を喋れない環境でドMにスペイン語を勉強しに来た。
そして長く滞在するからには、気に入った場所(≒ピンとくる街)に住みたい。

アンティグアでは2日間過ごし、他の街の語学学校情報を収集して
この街を後にしました。


決してアンティグアが嫌いなわけではない。
良い出会いがあったり、この街に来たからこそ得られる情報もたくさんあった!!



だからこそ今、
僕はこの街にいます。

ピン♪どころか
ビビビッ!っときた!笑

世界一美しいと評されるアティトラン湖畔の街、PANAJACHEL(パナハッツェル)

【写真:パナハッツェル行きの車内。アンティグアから約2時間、山を超えると眼下にアティトラン湖と湖畔の小さな街、パナハッツェルが見えてきた。その風景を激写する各国カメラマン達ww】
DSC01031.jpg

【写真:天気悪いけど…山から見下ろしたパナハッツェルの街】
DSC01030.jpg


この街に、住もう。


  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:4
行ってきます~
皆さんは、一瞬にしてスペイン語を習得する魔法の呪文を知っていますか?



『アブラ、カタブラ、グアテマラ!!!…笑
IMG_1067.jpg


約1年半ぶりのブログ更新!!
ご無沙汰です!!!
また今日初めての方々、よかったら見てみてください♪


さてさて~

はいっ!この度(旅)は、中米のグアテマラ共和国という国に、スペイン語の勉強をしに行くことにしました!イェーイ

明後日29日から、来年の3月くらいまで行ってきます!!!

ところで、グアテマラと言っても中々イメージ湧きませんよね?

ココらへんです↓
guatemara-1.jpg

あー、なるほど♪
で、グアテマラ語勉強するの?

→いいえ。
実は中南米のほとんどの国がその昔スペイン王国の占領下にあったため、現在ではブラジル以外(ポルトガル語)の中南米諸国ではスペイン語が公用語になっているんだそうな。

おー、なるほど♪♪
で、なんでグアテマラなの?

→驚愕の安さです!!
グアテマラの主な産業(?)のひとつがスペイン語学校で、特にアンティグアという世界遺産に登録されている街の中には、40~50校ものスペイン語が乱立しているんだそうな。
もともと日本に比べて物価が安い国である上に、学校同士の価格競争が行われ…

マンツーマンの授業(4時間×5日)/週
    と
ホームステイ(3食付)
   付きで

なんと週$120前後!!!!


わー、なるほど安いね♪♪♪
で、グアテマラにスペイン語勉強しに行くのは分かったけれど、
グアテマラってどんな国なの?
何があるの?何食うの?観光的には???


⇒分かりましぇん!!!!



知っているのは、
①お馴染み(?)のコーヒー豆の産地であること、
そして、
治安がえげつなく悪いということ、くらいです。


何があるのか・起こるのか全く想像付かない未知の土地。

久々に旅人魂がうずいて参りましたww
今回は学生として渡航しますが…

今後ブログを通して、少しずつグアテマラという国を一緒に知って頂けたらと思います!
ちなみに私、大学でスペイン語を専攻していたわけでもなければ、日常会話を少しでも喋れるわけでもありません。

完全なるド素人です♪
挑戦です!!


まぁ、そこらへんも込々で、今後どうなっていくのか!?
DSC00157_20130827023546e04.jpg


楽しみ~♪ (ボリビアのアルパカさん)
DSC00155.jpg

では、行ってきます!
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
スイスお旅行3 最終回
DSC00944.jpg
ひこーき雲♪

スイス最終日はチューリッヒ!!
フライトの関係で半日しか時間がないので、この日はお土産を買う日に当てました。

DSC00945.jpg
ひこーき雲かっこいい♪♪

スイスのお土産といえば、なんつっても時計!!

スイスの超高級時計を、日本のみんなにひとつひとつ吟味し...
...っるワケねぇだろがッッーーーーーツ!!!
取り乱してしまい、すみません。

今回は、特別に感謝を込めて両親にだけ、夫婦ペアーの時計を購入しました。
DSC00949.jpg
まったく大した時計ではないことが時計好きの人にはバレてしまいますが(汗)
まぁ気持ちということで...。

僕の両親は、、なんなんでしょう?とても理解あるというか、放任的というか、

まだ大学生の僕が、たいした理由もないくせに休学をしたいと申し出たにもかかわらず、
背中を押してくれた。

こんなこと、あまり普通ではないんじゃないかと思う。

「ありがとう」とか、言うの恥ずかしいのでw

「はいお土産~」


って渡したら、めっちゃ喜んでた、
今まで海外から送ってた変なお土産や、気持ちを込めたポストカードよりも....

現金な両親だな!!!笑

しかし、さらに現金な僕は、この時計をクレジット払いする時に、サインをするのに使ったボールペンが可愛かったので、
店員さんに「これ貰っていいですか?」と聞いたら、
新しいのを2本くれたので、それを兄と妹のお土産にしてしまうという経費削減政策を実施しました!笑
DSC00950.jpg
可愛いでしょう???
書くときプルプル震えるんです^^


あらら、なんか最終回はお土産の話になってしまいましたが、
チューリッヒはそんな感じで終わりです。

こーして今回のスイス旅行も終わりました!!
やっぱり海外旅行は楽しい。
違う文化、違う価値観、そんな物や人と出会い、触れ合えるのはやっぱり海外旅行ならでわ^^
これからも止められそうにありませんなー!!!^^
DSC00846.jpg
ひこーき雲きれい♪♪


あ、あと捻挫...のことですが、

スイス最終日のこのチューリッヒで、買い物を終え、
スターバックスでコーヒーを飲みながら
最後のラグジュアリーを楽しんでいるとき、
おしゃれな店内だったので、「2階席はどーなってるんだろーー^^??」と用も無いのに上がった階段を下りる途中...

ぐにんっ♪


階段を踏み外してしまいました^^ウフフ

まったくスイスは関係ないところで...笑
どうせならユングフラウヨッホの雪山でスキーして捻挫とか、ベルンの路地裏で夜中に喧嘩して捻挫、とかだったら「迫」がつくんだけどなぁ~
スタバで意味も無く階段を往復して、階段踏み外して捻挫だなんて...思い出にもならん!!!

スイス最後の買い物が空港の薬局で買ったシップっていうね♪

みなさんも海外旅行中の怪我や事故には、十分に気をつけてください!
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:1
  4. コメント:2
スイスお旅行2
DSC00938.jpg
スイスの自販機で「出前一丁」を発見!!
お値段なんとッ!!1万円を切りましたッ!!!w 250円なり♪
海外で日本のものを見ると、なんだか誇らしい気分になります^^
特にレストランなどで、外人が美味しそうに日本を食べていると、嬉しい気分♪

お箸ちゃんと使ってるじゃ~ん^^ じょーずじょーず~♪

おっと!?あんたそれ醤油つけすぎじゃない!?!?
それじゃあ素材の味がッ!!ちょっとちょっと...

オイッ!ちょっっっとぉぉおーーーーー\(‘△’)/!!!!!!!


ということで、2日目のスイスの旅、はじまり~♪
DSC00862.jpg
この日は朝7時に起床。ハードスケジュールで寝不足になる予定だったが、前日の赤ワインのおかげで
睡眠時間は11時間とフル充電!!!

朝からユングフライヨッホへ滑りに行くスキー客を横目に、
ヨッホの麓の町、「グリンデルワルト」を出発。ちなみにこの「グリンデルワルト」、長野県松本市と姉妹都市だそうです。住田くん、知っていましたか???

電車に乗り、山を下っていくと着いたのが、アルプス山脈の雪解け水でできたナントカ湖(名前忘れた)のある町、「ブリエンツ」。
DSC00877.jpg

「トルコブルーの湖」と呼ばれるだけあって、見てください
この写真では伝わらない綺麗なブルーを!!w

だったら載せるなって?

...。見てください!写真では伝わらない綺麗なトルコブルーを!!!殴
DSC00883.jpg

天気 悪ッ!!蹴

ブリンエンツは特にやる事もないので、
湖を見ながらオティー(お茶)を飲んで、撤退。
こんな時間の使い方もまた、ラグジュアリー。

男2人だけど、なにか?(’・з・‘)?

次に訪れた町がスイスの首都、「ベルン」
DSC00916.jpg

スイスは「永世中立国」としても知られている。
簡単に言うと「戦争をしない」この国は他のヨーロッパ諸国と違い、空爆の被害を受けずにいるため、
古くからの町並みを現在でも残し続けている。
このスイスにも、悲しい歴史がある。
狭い国土に、過剰な人口に苦しむスイスは、「傭兵」を海外に輸出して生計を立てていた時期があった。つまり国民の「血」を売って、稼いでいた。
傭兵として戦地に赴く彼らは、時にスイス人同士で戦線で殺しあうこともあったとか。
そんな悲しい現状を嘆き、スイスはその後「永世中立」を宣言したと、ガイドブックを読んで知ったとき、
この、昔から守り続けられてきた町並みに、感動した。

戦争は人々の命のみではなく、歴史や文化までも破壊してしまう。

ところで、このベルンには、大小さまざま、デザインもさまざまな噴水がたくさんある。
その中でも僕のお気に入りがコチラ!!
DSC00907.jpg
THE SIMPLE!!!

噴水と化粧は、シンプルに限ります(^З^)♪

DSC00927.jpg

午後、ベルンでひときは目立つこの大聖堂に登れるということで、
体感的に2万段あった階段を往復し、聖堂を後にしようとしたところ、
スタッフの女性にこう声をかけられた
「今夜よかったら一緒に食事でもどう?」

あっ、と これは妄想で、
「今夜この聖堂でコンサートがあるので、時間あれば来てくださいね。」

予定はほぼ現地調達の僕らは、
「ココ、コレはスイス最大のラグジュアリーなんじゃないか!?」と即決!!

DSC00932.jpg

大聖堂のなか、巨大なステンドグラスを前に演奏するオーケストラと、合唱隊(?)がアヴェ・マリアを演奏したとき
ラグジュアリーは最高潮!!!

ただワレワレは一番安い席で、舞台は柱が邪魔になって見れないんです(笑)
てゆーかなぜか個室w
DSC00928.jpg
ちなみに座ってると、いつの間にか目の前にあの!ベートーヴェンが!!!笑
DSC00930.jpg

コンサートが終わるとちょうど夕食どき、
駅前のビュッフェスタイルのレストラン、ふたを開けるとベジタリアンレストランでした。
人生は初のベジレストラン!!色々と工夫を凝らしたお野菜料理でしたが、
やはり私にはただのお野菜...。
美味しかった...しかし野菜のみに腹を満たされてしまったという敗北感に打ちのめされ、
「今夜は飲むぞ!!!」
と、スーパーへ行き!!

DSC00939.jpg
牛乳とクッキーを購入♪

酒を飲まず、スイスで牛乳を飲んじゃうところが、
ワレワレ下戸ジャパニーズにとっての、

♪ラグジュアリー♪


また長くなってしまったので
ここで切ります。

次回は最終日、チューリッヒ!!!
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:1
  4. コメント:5
スイスお旅行♪
ヨォ~~ロレ~リ~ヒィ~~~♪♪♪

DSC00834.jpg
突然ですが、アルプスの少女ハイジのふるさと、スイスへ行ってきましたー!!

相変わらず急な話なんですが、このスイス行きの話は出発の2日前に決まりました。

その日小学校からの友達から電話があり、
「スイスに行きたくてチケット取ったんだけど、一人旅初めてだし、英語も喋れないし...アドバイスが欲しい。
とのこと...。

それに対して、「ヒコーキ代出してくれたら、一緒に行って案内してあげるよ~」っと冗談で行ってみたところ、
彼は少し考え...

まさかの...


まーさーーかーーのぉぉぉーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

DSC00958.jpg
スイス イン!!!

この度はTSUJI☆ツアーをご利用頂きまして誠にありがとうございますッ!!
今回お客様の快適なスイスの旅に添乗させて頂きます、ツジヨーーーヘーーーーーーですッ↑↑↑

それでは皆様ご一緒にッ!!!
「ヨォ~~ロレ~リ~ヒィ~~~♪♪♪」
DSC00870.jpg

1日目♪

「山が見たい。」彼のスイスに行きたい唯一の理由(贅沢~w)を叶えるために、登山鉄道に乗ってユングフラウヨッホという山へ!!
なんでもここにはヨーロッパで一番高い鉄道駅があることで有名らしい!
(写真 ユングフラウヨッホと登山鉄道)
DSC00795.jpg
冬だから、アルプスの少女ハイジで想像するような緑豊かな山々は、残念ながら見れないけど、
雪をかぶった白銀のアルプスも壮大で素晴らしい景色♪
DSC00766.jpg
ユングフラウヨッホ(以下、ヨッホ)の頂上付近、「スフィンクス展望台」からの眺め!!
周りの高いはずの山々が遥か下に...
DSC00769.jpg
TOP OF EUROPE!!!

スイスでの第一目的を果たし、下山するわけですが下山途中に朗報が!
ここヨッホ周辺の山々はスキーで有名らしく、ヨーロッパ中からスキーヤーが集まるらしい。
しかしワレワレはスキーの服装や装備がない...
ヨッホまで来て滑らずに帰るなんて、ボリビアまで行ってウユニ塩湖を見ずに帰るに等しい!!!
そんなワレワレの脇を、数台の高速移動物体が、ヒュー!っと通り抜けていった!!!

「そうだ!ワレワレもアレに乗ろう!!!」

DSC00789.jpg
THE ソリ!!!

なんとこのソリ!山のふもとにあるワレワレの町で乗り捨て出来る上に、所要時間もだいたい2~3時間ということだから調度よい♪
そして何より、スキーのワールドカップが行われるこのヨッホを滑れるんだから、滑らない理由はない!!!雪まみれ覚悟で、ソッコーレンタル!!!
DSC00801.jpg
ソリ専用のコースはあるものの、この傾斜!ガケギリギリを猛スピードで滑走するこのアクティビティーは日本の安全基準を軽く1兆はオーバーするだろうw
DSC00811.jpg
シャーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

途中、何度か生命の危機を感じつつも無事完走♪
町に着くと時間もいい感じで、夕日に染まるヨッホがお出迎え♪♪♪
DSC00851.jpg

いったんホテルに帰りシャワーを浴びたら、
心地よい程度の疲労感、そしてエゲツのない空腹を抱え夕飯探しに町をぶらぶら...。

スイスの有名なごはんって何でしょう???
チーズフォンデューですッ!!!
DSC00860.jpg
ウマスッ!!!!!トロケスッ!!!!
一緒にスイス風のトンカツ(?)と赤ワインも♪ウフ
DSC00859.jpg

赤ワイン...

この赤ワインがまた美味くて!
ご飯食べながら、「このあとスーパーでワインとチーズ買ってホテルで飲もう!」
とかウキウキ話していたのですが、
グラス一杯ずつで、完璧に出来上がってしまった、超下戸なワレワレは、食後ホテルへ直行し...

夜8時に就寝!!!!!!!!

ある意味贅沢な時間の使い方だ...笑
ラグジュアリー???

最高に楽しい1日だった!!!!!!!!




長くなってしまったので、1日目でいったん切ります。
次回は、
トルコブルーの湖を持つ町「ベルリッツ」、
200年間変わらない町並みを保つ、スイスの首都ベルン、
そしてスイス時計の町チューリッヒ、

の3本立てです♪

また見てねー!



  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。